ホップステップ七福「ヒダカアヤのおめでた日記〜能書きブログ」

2009年04月25日

李登輝という人

前回のブログのNHK偏向番組への批判に対し、「オマエが偏ってんじゃねーか?」と思われた方もいるかもしれませんが(笑)、昨年から疑問を感じてワタシなりに色々調べて客観的に感じていた想いを、この機会に書かせていただきました))

疑問や興味を抱かれた方は、ぜひご自身で色々調べてみてほしいと思いマッス!!


では、なぜ疑問に思ったり、今の日本を憂うようになったのか。。については、色々な機会が重なってなのですが、台湾に何度か訪問して台湾人の意識の高さに触れたこともキッカケの一つです。(台湾行きは運命的なものだったのか?)

彼らの誇り高きアイデンティティと政治意識の高さに触れ、「日本人」というものを振り返る機会を得たことは、当時自分のことに必死で、国のことなんて一切考えもしなかったワタシにとって、頭を石でぶち付けられた感覚でした。

台湾の人はとても親日でした。
親日でありながら、日本に媚びることなく台湾人として毅然と生きるカッコ良さもありました。
台湾を知ることで、日本人の良さをも改めて考えることになりました。


そんな台湾ですが、国際的にはまだ中国の一部という位置づけ。
中共(中国共産党)が独立国だと絶対認めません。
過去に独立しようとして、ミサイルで威嚇攻撃されたこともありますし、今も中国には台湾に向いたミサイルが常時設置されています。
中共と台湾の関係は、昨年のチベットを見ると想像ができると思います。

残念ながら、中共との関係を重視する諸外国(日本も含む)は、「台湾が独立国家であるという位置づけ」には、曖昧な態度をとっているようです。

しかし実際のところ、台湾は立派に自立した独立国家です。
「台湾が独立国として世界から認められ、各国と同じステージに立ちたい」という、言わば当たり前のことを、個人的には応援したいと思っています。

来月台湾に行くにあたり、友人なるみさんたちの「独立・建国運動」になんか協力できないかな。。と色々調べていたら、「李登輝(りとうき)」という人にぶつかりました。

台湾元総統で、戦後の台湾の民主化にとても貢献された方です。


この人が産経新聞などに寄せたコラムや講演録を読んだのですが、いやスバラシイ。

私はモノを読む時に、必ず「洗脳されないように」と、できるだけ冷静で客観的に読むように心がけているのですが、いやとても共感しました。
※唯一違うのは、ヒダカは特定の宗教に属することはしません。ただ「人間は自分の哲学を持つべきだ」という考え方は同じです。
李登輝さんの考え方は、おこがましくも「ホップステップスピリッツ」に、とても通じるなぁ〜〜とも思いました。(笑)



日本人なら、ぜひとも読んでいただきたいコラムです。

ワタクシ個人の所感ではありますが
日本人として生まれたことを、きっと誇り高く思えると思います。
後藤新平についても記述されています。先日のNHKスペシャルが偏向であったということも頷けます。

マスコミに流されるだけじゃなく、政治家に文句言うだけでなく、「これからどういう国にしていくのか」ということを、国民自身が主体的に考えていかなければならないのだと思います。))

ぜひ読んでいただきたいっす!!
そんな風におすすめして、くれぐれも誤解しないでいただきたいのですが、何かの活動や団体への誘いとかじゃなくアセアセ、単なる歴史上の人物のコラムです。彼自身はキリスト教信者のようですが、ヒダカはヒダカ教(笑)。我が道を行くタイプ。特定の宗教や組織に従ずるつもりも、薦めるつもりもございませんので安心して読んでね。アセアセ


◆長老の智慧

◆指導者の力量

◆対談・安藤忠雄氏(建築家)

◆『日本の教育と私』

◆若者たちへ

写真・リンク元:日本李登輝友の会Webサイトより





同じカテゴリー(うんちく・記録用)の記事画像
描く
川南・高鍋パワーとの再会
The 稲刈り in えびの〜手作業と機械作業の違い
日本人展vol.1 終了
実践・武士道
衆院選と宮崎一区
同じカテゴリー(うんちく・記録用)の記事
 建築家 池田武邦氏 (2011-01-09 11:23)
 ポイントを楽しむ (2010-12-23 15:08)
 今宵は酒が旨いです (2010-12-08 23:05)
 技と文化を学ぶなり (2010-12-06 23:47)
 つぶやき (2010-12-02 11:33)
 老いる (2010-11-16 01:02)

この記事へのコメント
こんにちは。

えーと、NHKのあのシリーズが好きで楽しみに見たのですが、
私も偏ってるとしか思わずにいられませんでした。

台湾という国・台湾人が大好きな私としてはとても悲しかったですね。

ところで、私は李登輝さんの事を詳しく知ったのは
たしか6年ほど前かな~?
小林よしのりさんの「台湾論」という漫画だったのですが、
まだお読みでなかったら是非オススメします♪
漫画なので読みやすいですし、
日本と台湾の関係とか、台湾人の精神とか、
そして何より、日本人が日本人として誇りを持てる本です。
私は読み終わった時に、清々しい涙が頬をつたってきました。

ちなみに、夫の経営する会社の社員が台湾にもいまして、
夫は現在台湾に出張中です。
台湾人のスタッフはとても勤勉でまじめですね。

アヤさんも来月お仕事で台湾に行かれるそうですが、
どうぞ台湾を満喫してきて下さい^^
Posted by ジル at 2009年04月25日 19:27
>ジルさん
はじめまして!メッセージありがとうございます。
小林よしのりさんは、すごいっすね))
なかなか表に出てこない歴史や政治をしかも漫画で描くからスゴいと思います))
今日Amazonで10冊くらい本を注文したんですが、その中にありました「台湾論」。それと「『台湾論』はなぜ焼かれたか」ってのも))

そうそう、台湾の方に販売のお仕事を手伝ってもらいましたが、とても一生懸命でまじめでした。
朗らかだけど、毅然と意見はハッキリ言える、ステキな方たちでした。
Posted by ヒダカアヤヒダカアヤ at 2009年04月25日 23:06
友達のお母さんが、終戦まで台湾にいたので
親台湾です。でも、詳しいことは知りません。

ところで、今日、きむらでラーメン食べてませんでした?
似てる人を見たのだけど確信が持てなかったので
声かけませんでしたが。

私は今、江戸末期に生まれて昭和初期に亡くなった
森道伯という人について調べ始めています。

漢方は、明治維新の時、政府にほぼ抹殺に近いしうちを
受けているのですが、
それに逆らって医師免許も薬剤師の免許もとらずに
漢方治療を続け、人々のために尽くし、
多くの弟子に慕われた偉人なのです。

漢方は、今また大きな危機にさらされています。
みなさんご存知ないけどね。

歴史に学ぶことは大きいかもしれません。

台湾、頑張って。
Posted by キリンさんキリンさん at 2009年04月26日 00:16
>キリンさん

昨日、きむらラーメンにいましたよ〜
全然気づきませんでした))
失礼しました))

をを、キリンさんも歴史を調べられているんですね。
森道伯さんって、私も知りませんが、キリンさんのお話しによるとスバラシイ人っすね。

まだキリンさんの薬局にうかがっていませんね))ワタシ。
色々聞きにいってみよう==
近々うかがいますね!!

日本には禅や武士道はじめ、すばらしい教えや心が沢山あるんですね。ワタシももっと勉強していこうと思います!!
Posted by ヒダカアヤヒダカアヤ at 2009年04月26日 13:33
李登輝(りとうき)元首相は、以前宮崎にも来られたことがありますよね?最近では東北地方に行っていたような・・・とても親日家な方です。
私もいまだ台湾が国として認められていないことに釈然とした想いがあります。それを認めない中国政府もよくないけど、中国語を勉強して、もっと国民同士で、アジアが仲良くなれるような架け橋になりたいと思います。

おっと、私も仕事しなくては・・・そろそろ。ですね・・・(笑)
Posted by ino at 2009年04月27日 09:47
AYAさん

もう何を言ったらいいかわかりません。T_T
とにかく応援してくれてありがとうございます!!!
Posted by なるみ at 2009年04月29日 02:09
『北朝鮮と台湾の関係』 核廃棄物

核開発などで何かと話題に上る北朝鮮と台湾の以外な関係をまとめてみましたので
ご参考まで。

 http://nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm

 http://72.14.203.104/search?q=cache:Dgo-61n9W8sJ:nippon.zaidan.info/seikabutsu/2004/00241/contents/500.htm+%E6%A0%B8%E5%BB%83%E6%A3%84%E7%89%A9%E3%80%80%E5%8F%B0%E6%B9%BE%E3%80%80%E6%9D%8E%E7%99%BB%E8%BC%9D&hl=ja&gl=jp&ct=clnk&cd=2
 
  日本財団 図書館
  1997/06/10 世界週報

  必ずしも足並みがそろわぬ米側の対応

  加えて、四月一二日、李登輝総統は、イギリスの賓客との会見の中で、
  北朝鮮問題とそれに関する台湾の対応策に言及したといわれる。
  だが、かねてから話題となっていた台湾の核廃棄物を北朝鮮で処理する問題については、
  既述のギングリッチ米下院議長ですら李登輝総統との会見で抑制を促したもようである。

  続きは、
  http://blog.livedoor.jp/journals/archives/50321339.html?1251354659
   ニュースの研究所
    2006年01月11日
     李登輝 のコメント欄をご覧ください
Posted by おなか一杯さん at 2009年08月27日 15:42
上の画像に書かれている文字を入力して下さい
 
<ご注意>
書き込まれた内容は公開され、ブログの持ち主だけが削除できます。

削除
李登輝という人
    コメント(7)