ホップステップ七福「ヒダカアヤのおめでた日記〜能書きブログ」

スポンサーリンク


上記の広告は一定期間更新のないブログに表示されます。新しい記事を書く事で広告が消す事ができます。

  

Posted by みやchan運営事務局 at

2010年05月21日

【七福商店】口蹄疫被災地支援 チャリティセールのお知らせ



先日来口蹄疫についてご紹介させていただいておりますが、5/18、ついに宮崎県から非常事態宣言が発令されました。

現地では殺処分した家畜の埋設もなかなか進まず、それにより感染も拡大しています。
ますます現地で作業に対応できる畜産に詳しい人員が必要であり、被災者の皆さんの近々の生活支援も含め、「すぐに・柔軟に使えるお金が必要」と農業関係者から聞きました。

個人的にも支援金はできる限りさせていただきますが、「更に私たちにも何かできることを…」と七福商店スタッフ間で話し合い、小さな支援ではありますがチャリティーセールを行うことにしました。

本日より3週間、「炭石けん」と「感謝飴」の売上を口蹄疫被災地支援のための募金(※)とさせていただきます。
もちろんお客様には、今までどおりショップでお買い物いただくだけで、ご負担はありません。
被災地支援チャリティーセールにご賛同、ご協力いただけましたら幸いです。
どうぞよろしくお願いいたします。

※売上げは(社)宮崎県農業法人経営者協会(宮崎県農業会議内)を通じて、現地への動員支援のための費用・被災者の皆さまの生活支援など、緊急に必要な支援金として寄付させていただきます。

■期間:平成22年5月21日(金)〜平成22年6月11日(金)

■対象店舗:七福商店オンラインショップ http://amegatou.com/

■対象商品:炭石けん「過去と油を洗い流して」炭石けん「うそと汚れを洗い流して」シリーズ、感謝飴「あめがとう」シリーズ、合格祈願飴


■口蹄疫についてはこちらをご覧下さい。
【ミヤザキ★ユーストリーマーズ:::ミヤスト特設:口蹄疫関連ページ】
http://miyazakiust.com/kouteieki.html


別途、有志で義援金のためのチャリティ活動も進めております。
支援のお願いばかりで恐縮ですが、どうぞ宜しくお願いいたします!  

Posted by ヒダカアヤ at 20:59Comments(2)お知らせ

2010年05月14日

【宮崎口蹄疫】生産者の声と現地写真

農家方や一部関係者のご要望もあり、私が所属しているミヤザキ★ユーストリーマーズのサイトにて、現地の写真や生産者の音声を公開しています。
ぜひご覧いただき、お知り合いにも今の状況をお知らせいただくとともに、今後の義援金や様々な支援策にご協力を宜しくお願いいたします。

http://miyazakiust.com/kouteieki.html

友人に畜産農家の方が沢山いて、彼らが本当に豚や牛を愛して育てているのを知っているだけに、まだまだ終わりが見えない状況に不安と悲しみを感じます。早くこの感染が止まり復興に入れる日がくることを祈ります!


※先日来の日記にも沢山コメントを寄せていただきありがとうございます。
ドタバタしていて、お返事が遅れて申し訳ありません。
改めてじっくりお礼とお返事をかかせていただきます。
大変失礼して申し訳ありません。  

Posted by ヒダカアヤ at 16:08Comments(2)雑談

2010年05月11日

赤松大臣との意見交換〜参加者のツイートより〜

5/10に宮崎で行なわれた赤松大臣と畜産関係者との意見交換に参加された方が、その感想をツイッターに書かれていましたので、掲載させていただきます。(本人のご了承は得ています)



[亡国への旅]
夜分に失礼します、昨日の報告です。

かなり長くなりますのでキーワードだけ先に書きます。

「認識の低さ」「保身」「情けない」「涙」・・・です。

パソコンの前に座って約4時間、少しだけ落ち着いてきてやっと、やっと作成。
気を抜くと政権批判だけになってしまいそうなんです。

赤松大臣との意見交換会、参加した農業関係団体代表者4名の思いは
「早く止めたい。対象地区の方々の悲痛な叫びを届けたい」、その一点。

「1人5分という限られた時間の中で一生懸命伝えよう。本当に訴えたい人達はここには来れないのだから」・・・

ただ、、この思いは一方通行で終わりました。

この危機を乗り越えるために意見を聞きたいとは思ってもいなかったようです。

冒頭、国家レベルの危機という思いは全くない大臣の挨拶が15分。
内容は「宮崎県がキチンとしてない」「農業者がキチンと消毒してない」「国はやってる」「私は指示した」(そんなんどーでもいい)。

そして農水省から資料の説明が15分という暴挙。。
(そんなん、後で読みますよ)叫びそうになる自分を何度も抑え、やっと意見交換へ。

憤りを腹に抑え込み、ゆっくりと話し出す酪農経営者I氏。

「私たちはこの状況を早く止めたい為、ここに来たんです!」
そして涙の訴え。
記者席からフラッシュ、フラッシュ、フラッシュ(ピシッ!と空気の変わる音が聞こえた)。


続いて法人協会O氏、現地の養豚経営者から電話で聞き取った意見をぶつけていく。

「埋設する土地の確保をお願いしたい。まずそこをやらないと先に進めないんです」「国や県の所有地(林)を提供していただきたい」

フラッシュ、フラッシュ、フラッシュ、、。

そうなんです。具体的に、まず、今、何をやらねばならないか!なのです。

その後2名が意見を述べ終了。

きっちり1時間で終了した意見交換、経営者の叫びは届いたのだろうか。

私の大切な友人は、夫婦で「生きていればどんなでもやり直せる・・」とこれからのことを話し合ったという。
夫婦間でこのような会話が出ること、これを非常事態と言わずして何というのか。

あまりにもあまりにも危機感がなさすぎる。

ついに亡国への旅に出た日本、帰還できる日はいつになるのか。

関連報道
宮崎日日新聞
http://www.the-miyanichi.co.jp/contents/index.php?itemid=25913&catid=74&blogid=13

読売新聞
http://kyushu.yomiuri.co.jp/local/miyazaki/20100428-OYS1T00191.htm  

Posted by ヒダカアヤ at 10:17Comments(6)雑談

2010年05月06日

4/22 農林水産委員会映像

口蹄疫に感染した牛や豚が流通に出回ることはありませんし、また人間に感染することもない、万が一食したとしても人体には全く影響はないそうです。

今日農業関係の方からお聞きしましたが、口蹄疫は人間の病気で言えば「手足口病」。病気自体が致死的なものではないそうです。
ただ子牛や子豚がかかってしまうと、口の中がただれて、食事をとることができなくなり、結果として衰弱してしまうのだそうです。

  続きを読む

Posted by ヒダカアヤ at 21:52Comments(2)雑談

2010年05月06日

非常事態宣言レベル。政府は全精力をあげて対応を。

(前回のブログの続きです)

これは「疫病」「災害」「非常事態宣言レベル」。
宮崎だけじゃなく、日本の畜産界に関わる危機的な問題。
政府は緊急性をもって迅速に全精力をあげて対応していただきたいと願います。

東国原知事はじめ県や関係者の皆さんも、連日全勢力で取り組まれている中、赤松農水大臣はGWは南米外遊だそうで...(汗)

-------口蹄疫に関する一連の動き--------
  • 【4月20日】宮崎県にて10年ぶりに口蹄疫感染が確認。農水省、日本産牛肉の輸出を全面停止

  • 政府、口蹄疫の疑似患畜の確認及び口蹄疫防疫対策本部の設置

  • 赤松大臣、宮崎選出の外山いつきから消毒液などが足らないことの報告を受ける

  • 【4月21日】政府からの指示なし、仕方なく現地で対応。消毒薬等は現地の組合が用意したが、数が不足

  • 【4月22日】政府、副大臣「現場の状況について今初めて聞いた」

  • 【4月23日】牧場で口蹄疫の感染を確認。子牛を含む全ての水牛の殺処分が確定

  • 【4月25日】新たに4頭の感染が確認。殺処分の対象は1000頭を突破、過去100年間で最多を記録

  • 【4月27日】東国原宮崎県知事、赤松広隆農水相や谷垣禎一自民党総裁に支援を要請

  • 【4月28日】国内初の「豚」への口蹄疫感染疑いを確認

  • 約70km離れた宮崎県えびの市からも感染が疑われる牛を確認。移動・搬出の制限区域を鹿児島県の一部にも拡大

  • 自民党口蹄疫対策本部長である谷垣自民党総裁、現場を視察

  • 【4月29日】農林水産副大臣が宮崎県に出張。ただし現場には入らず生産者への面会もなし。27日の知事が上京した時にした話を再び聞く

  • 【4月30日】自民党口蹄疫対策本部、政府に42項目にわたる対策要請の申し入れ。対応を予定していた鳩山由紀夫総理・赤松農水相は、当日になって予定をドタキャン。

  • 夕刻、赤松農水相、コロンビア・キューバへの外遊へ。

  • 民主仕分け組:口蹄疫の発生により被害を受けた畜産農家に融資を行う(社)中央畜産会を仕分け。

  • 自民党口蹄疫対策本部、党本部で記者会見(下記映像)

    • 「10年前の感染の際は、ただちに100億の予算が確保され、対策がなされた」

    • 「ところが、この段階になっても、国から宮崎県には、一箱も消毒薬が支給されていない」

    • 「この状況で農水大臣が外遊するとは、自民政権時代からすれば前代未聞」

    • 「国からは消毒液一箱も届かず。国があたかも配ったように報道されているが、まったくの誤報」

  • 【5月1日】宮崎県、自衛隊に災害派遣要請を行う。家畜の殺処分は8000頭超へ

  • 【5月2日】宮崎県、1例目の農場から南に約8km離れた農場で15例目の感染確認

  • 【5月3日】宮崎県、感染例17例目確認 殺処分9000頭突破



  • 10年前に発生した際は初動が迅速だったこともあって殺処分は740頭で収束

  • その前となると1908年 500頭台

  • 現在殺処分は「2万8000頭」 過去100年間で最大のパンデミック危機
  • 非常事態宣言レベルの疫病

  • 疫病発病後通達済みにもかからず予備費を仕分けた為予算無し

  • 担当大臣外遊

  • 国家対策本部なし、国策指示無し 現場曰く「FAX一枚来てないのはどういうことだ」

  • 10年前は740頭で35億かかった 今回は27000頭以上 県の予算330億は既に無し

  • 現在現地現場を除くメディアにおいて情報規制中



【自民党口蹄疫対策本部、党本部で記者会見】

  

Posted by ヒダカアヤ at 09:55Comments(1)雑談

2010年05月06日

口蹄疫の被害

口蹄疫の被害。農家の皆さんは細心の注意をはらい、また知事はじめ地域や県、農業関係者の皆さんも防除や対策にGWなしで動いていらっしゃいます。

私が応援するまるみ豚の協同ファームさんも川南町。
口蹄疫は出ていないもの、地域に移動制限がでているので、日に日に大きくなる豚さんたちを出荷も販売もできません。

協同ファームでハンバーガーショップを担当されているナツキさん、ayakoさんも、ツイッターでもその状況をつぶやいていらっしゃいます。
http://twitter.com/musicapopo/
https://twitter.com/ayatonko/

口蹄疫にかかった家畜を人間が食べても影響はないそうですが、更なる感染を防ぐために、全部殺傷処分。
その数も約3万4千頭にも及ぶ勢いです。
http://www.pref.miyazaki.lg.jp/parts/000139528.pdf

尾崎さんがツイッターで、感染されたある農家さんのことをつぶやいていらっしゃいます。
http://twitter.com/ozakibeef/status/12749214793
http://twitter.com/ozakibeef/status/12749533382

農家の皆さん、私たちの想像をこえるご苦労とご心痛だと思います。
切ないです...

(つづきはこちら)  

Posted by ヒダカアヤ at 09:07Comments(0)うんちく・記録用